• 感性の醍醐味、ここに極まる。

    — TOSHIFUMI KAKO —